専門高校から大学に行く方法徹底解説 専門高校は大学推薦有利なのか?

こんにちはけーぷろです!

専門高校出身のK君

普通科目の成績悪いけど大学に行けるのかな?

就職しようか迷っているけど大学進学難しい?

専門知識ならあるけどそれを活かして大学にいけないの?

このような専門高校生の多くの悩みを解決していきます!

この記事の信頼性

私は4つの専門学科が集まる高校にいました。
会計や企画、情報など様々な学科がある高校です。
私は情報専門の学科に所属していました。
プログラミング知識はあるが普通科目はダメダメでした笑
就職しようか迷ったのですが人生一度しかないので大学に行くことを決意。

高校の成績がよかったため、指定校推薦で大学に進学しました。
この経験から専門高校から大学に行く方法を詳しく解説します!

専門高校から大学行ける?

多くの専門学生が疑問に思っていることだと思います。

結論から言うと専門高校でも大学に行けますし、行く人も多いです!

私の専門高校では4割の生徒が大学進学していました。
他の専門高校も同じように大学進学する人は多いと思います。
それだけ大学進学する人は多いことがわかります!

専門高校生は普通科の人に比べると勉強カリキュラムが違う為、勉強の遅れが激しいです。
その状況で進学できるか不安になりますよね。
しかし、私や周りの友人も大学入試不安でしたが一般入試や推薦入試で偏差値45の高校でも有名私立大学に進学しています。
不安になりますがしっかりと準備すれば合格できます!

具体的に進学方法と準備の仕方をまとめます!

専門高校から大学に行く方法

一般入試

一般入試は一番レベルが高い入試方法です。
理由は普通科の人よりも勉強が遅れている為その分の勉強をするのがかなり時間がいるからです。

しかし、早めから勉強することで一般入試でも大学に進学することはできます!

私の周りの友人は3年生の春から勉強初めている人は有名私立大学に合格しています。
逆に夏休み明けから勉強始めた人は良い大学には進学していません。

このように良い大学に行くには早めの準備が必要になります。

具体的に何をしたらいいのか

具体的にどうやって勉強すればいいのか解説します。

主な方法はこの二つです

  • カリキュラムがある塾に通う
  • 学校の先生にワンツーマン指導してもらう

受験になると何を勉強したらいいのか分からないと思います。
私も何を勉強したらいいのか、またどうやって勉強したらいいのか分からない状況でした。

なので、塾や先生に教えてもらうのが一般的になります。

勉強する方法は独学もありますが、専門高校の出身の人に独学はおすすめしません。
理由は私が独学で勉強していましたが偏差値がちょっとしか上がっていないからです笑
勉強の仕方が分からないのに独学で勉強しても成長度は遅いです。

なので塾や先生にワンツーマン指導してもらうことをおすすめします。

指定校推薦

比較的に専門高校が難関大学に行く方法は「指定校推薦」だと思います。

指定校推薦は高校の成績上位の人が推薦きている大学を選べる制度です。
推薦がくる大学は高校の先輩方が優秀な成績や実績を残した高校に推薦がきます。
なので、高校によって指定校推薦がある大学は異なります。

専門高校は他の普通科高校より指定校推薦枠は多いです。
なぜなら、専門知識を高校で学んでいるので優秀な実績を残している先輩が多いからです。

なので専門高校生は指定校推薦を狙わないともったいないです!

具体的に何をしたらいいのか

指定校推薦の取り方を説明します。

指定校推薦は高校の成績上位の人から大学を選べます。

なので「成績」が大事になります!

1年から3年までの成績を見られるため、一年生の時から定期テストを頑張る必要があります。
専門高校の科目テストは勉強すれば誰でも高得点が取れるようになっています
なのでちゃんと勉強すれば誰でも成績が高くなります!
一年生から定期テストの勉強を頑張りましょう!

私は高校一年の時から指定校推薦を狙っていたので定期テストをずっとがんばってきました。
時には友達から「なんでそんな勉強してるの?」と小馬鹿にされたこともありました。

周りの意見は気にせずに目標を持って勉強すれば必ず指定校推薦は取れます!

AO推薦・公募推薦

AO推薦・公募推薦は専門高校は有利です。

なぜなら、普通科高校と違いアピールできるポイントが多いからです!

AO推薦・公募推薦は学力以外の個人のスキルや力を見ています。
なので、専門高校で学んできた専門知識を全力でアピールすれば合格することができます!

大学によっては基礎的な学力テストもあるので、勉強する場合があります。

AO推薦・公募推薦は指定校推薦と違い採用人数があるので、落とされます。
なので行きたい大学の推薦方法を確認し、対策する必要があります

具体的な対策方法

まずは行きたい大学のAO推薦・公募推薦の条件を確認しましょう!

大学によって推薦条件があるので自分が該当しているか確認する必要があります

確認ができたら、入試形態を確認しましょう!
面接、小論文、ポートフォリオ、発表など大学によって様々です。

それぞれ対策が必要なので準備しましょう!

一人で準備するのは大変なので、必ず先生に相談しましょう!

面接、小論文が必要な推薦なら先生に小論文の書き方を教えてもらったり、面接を見てもらいましょう!

そうすることで合格率は上がります!

対策し始める期間は夏休みからが多いです。
夏休みに小論文や志望理由を練って考えましょう!

専門高校は大学の勉強についていける?

これは大学に行ってからの話ですが、専門高校でも大学の勉強についていけるか不安になりますよね。

心配する必要は全くないです!!

勉強する意欲さえあれば誰でも大学の勉強はついていけます!
逆に意欲が無かったら大学に行く意味は全くないです。

学びたいこと、やってみたいことがある人は大学に行くことを選択肢に入れて欲しいです。

専門高校からといって必ず就職する必要はありません。

自分にあった進路を選びましょう!

今回は以上終わります。ありがとうございました。